2008年6月アーカイブ

ヤマヒラさんのYHルーセントパウダーモニター その2です

 → 「YHルーセントパウダー 紹介」
   「YHルーセントパウダー その1」も過去記載

今回は、このルーセントパウダーを
化粧下地の上から直接このYHルーセントパウダーを使った場合」のレポです。
(フルメイクの仕上げとしてこのYHルーセントパウダーを使った場合のレポは、「YHルーセントパウダー その1」にて)

このお粉、化粧下地の上から直接パウダーファンデと同じように使ってみました。
最初、「カバーできるのかなあ」と心配でしたが、少量ずつ、パフでおさえながらつけていくとかなりきれいにつくことが出来ました。

肌の透明感、ナチュラル感が出ていいカンジです
さわったカンジですが、肌がサラサラしているので夏向けにいいなと思いました。
これからの季節には、こういうベタつかないお化粧はもってこいです。

20080628-2.jpg

あと、色もとても自然につきます。
写真のピンク色は、かなり実物に近いと思いマス。

←のようなお粉なので、肌なじみが最初はちょっと心配ですが、うすくつけていくことで黄味をおびた日本人の肌にしっくりとなじみ、心なしか肌の透明感をひきだしてくれるような雰囲気さえあります。

私の中では優れものだと思いました◎

きれいにつけるコツは、最後にやはりしっかりとパフを使って押さえること、細部はチップを使って仕上げることかなと思いました。

敏感肌の人も安心して使える「紫外線吸収剤を含まない」タイプなので、そういった肌質の人におススメしたいです

パウダーの容器のことも感動ものです。
紙で出来ているので環境にとても優しいのです。
こういった会社の方針はすごく素敵なので応援したい会社なのです。

今回、モニターをさせていただくことで、本当にいい製品を知る事ができました。
ヤマヒラさん、ありがとうございました。

YH化粧品(やまひらさん)のサイトはコチラ
YHルーセントパウダーの詳細はコチラ

今日までなのですが、ヤマヒラさんでは「ブログで紹介キャンペーン」を行っています
このYHルーセントパウダーに興味を持っている人は是非応募してみて下さい~。
「YHルーセントパウダー、30名様にプレゼント」という太っ腹モニタープレです

※紹介者で「ラスカル」と入れていただけると何となくですがありがたいです~お互いに何の特典もありませんが

クロワッサン公開化粧塾

| コメント(10)

来週行われる「クロワッサン公開化粧塾」のイベントに当選しました

講師の先生は山本浩未先生なのだ。

ファンデーションのつけ方中心のメイクアップ講座ということで、「当たったらいいな~」と思って応募したんだけれど、当選するなんて嬉しい

今から楽しみにしていまーす。

 

う~、アレカオとここと食日記(アメブロでつけている)を書くので何だか大変になってしまいました。

自分で自分の首をしめてるカンジ。。。

早くアレカオから完全引越ししたいなあ。。。

 

YHルーセントパウダーモニター ~その1~

2週間前に、ヤマヒラさんから「YHルーセントパウダー」をモニター品としていただきました

毎日使わせていただいているので、使用感をレポします

20080627-3.jpg


○YHルーセントパウダー
22g \4,515(税込)
SPF20、pa++


配合成分;タルク、シリカ、酸化チタン、ポリメチルシルセスキオキサン、ミリスチン酸亜鉛、マイカ、褐藻エキス、甘草エキス、酸化鉄

使用感

生活紫外線には十分に対応しているので(SPF20、pa++)、これをさっと一塗りするだけで安心感があります。
また、粉おしろいは紫外線吸収剤を含まないので、皮脂膜を傷めず、肌への影響が無いというところが敏感肌の私には嬉しいところ。

私は、
1、フルメイクの仕上げとしてこのYHルーセントパウダーを使った場合
2、化粧下地の上から直接このYHルーセントパウダーを使った場合

とで感想が違うので分けて書くことにします。

今日はフルメイクの仕上げとして使った場合のレポです

スキンケアで肌状態を万全にしてから、
化粧下地 → リキッドファンデーション → パウダーファンデーション → YHルーセントパウダー
の順番でつけました。

YHルーセントパウダーを仕上げのお粉として使ったとき、まずいつもと違うなと思ったのは顔色がパアッと明るく見えたこと、そしてクマがカバー出来たということです

このYHルーセントパウダーは、うすくうすくつけていくと、どれだけでも重ねられちゃうので、最終的なカバー力はすごいものがあります。
私の場合、シミやソバカスだけでなく、目の下のクマがかなりカバーできたのが嬉しかったです。
しかも、毛穴やくすみも目立たないので、顔色がワントーン明るい雰囲気にもなれました。

2週間使ってみて思ったのですが、このYHルーセントパウダーは付属のパフ以外でも、普段大きめなブラシを使って粉をつけている人なら、ブラシでも十分きれいにつけられると思います。

20080627-4.jpg


顔全体に粉をはたいたあとに、別のパフで押さえ込むと仕上がりがマットなカンジにもなって、化粧持ちが良くなります。

また、細部にまでつけようと思ったら、チップで少しずつ小鼻や口のまわりにつけると完璧な仕上がりになるように感じました。

  → YHルーセントパウダーモニター その2 へ続く


   YH化粧品(やまひらさん)のサイトはコチラ

   YHルーセントパウダーの詳細はコチラ

クレ・ド・ポーボーテ新作

クレ・ド・ポーボーテから7月に新作が出るとの情報を雑誌とmixiでゲット~

なので昨日カウンターへ走った。

「どんな色のアイシャドウなの」「今回のイメージは??」

気になって仕方がなかったのだ~。

20080628-1.jpg画像はもらったパンフのを写真に撮ってみました。

 

あ~、今回のオンブルクルール、ちょっとありきたりというか。。。

使いにくそうな色なんだなあ。。。

目がいつも赤くて血走ってる私がこんなボルドーのアイシャドウをつけたら、それこそ強調するようなものかも。。。

さすがに今回は見送ろうかな~

でも一回つけてもらってから考えまーす。

 

あと、フェースカラーのトゥッシュシュプリムの新作とルージュの新作も出るらしい。

20080628-2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルージュシュブティルは、なぜかサンプルがもうあって渡してくれました。

20080628-3.jpg新色は全5色なんですが、サンプルは4色です。

あと1色はカウンターでつけてもらうしかなさそうです。。。

 

今回のルージュは、これまでよりもラメがちょっと粗めに入っています。

ラメの色もこれまではルージュの色と同じタイプの色だったのですが、今回はカネボウコフレドールみたいなカンジで、ラメがかなり目立ったルージュになっています。

つけた感じは相変わらず密着感があるので、年齢を重ねて縦ジワがでやすいワタシにはありがたいのだ。

ルージュの方は1本ほしいーような。。。

夏向けの目元☆

| トラックバック(1)

本日、ヒマヒマ

なので、先日買ったクラランスのマスカラとマスカラトップコートを使って目元のメイクで遊んでみました

夏向けと言っても、カラーのマスカラを使って、その上からジェルライナーを載せてキラキラさせてみただけなんですが

 

20080628-1.jpg実物大、いやそれ以上の目のアップ。

お食事中の方、どうもすみません

普通にブラックのマスカラを縫って、サイドだけ、先日買ったグリーンのマスカラをのせてみました

自分ではいいかなと思って買ったんだけれど。。。
やっぱりどうも滑稽というか、おかしい。。。。

さらに気合を入れて、ジェルアイライナーを睫全体につけてみたら、さらにおかしな意味で目だって変。。。

何だかクリスマスのもみの木に雪が積もってるような睫になってしまいました

一体、どういう使いかたをしたら効果的になるんでしょう、このグリーンマスカラ。
折角買ったので使いたいのです。
アドバイスお願いします
(切望)


本日使用製品
○ヘレナルビンスタイン ラッシュクイーン
○クラランス ワンダーウォータープルーフ02
○クラランス ダブルフィックスマスカラ
○マキアージュ ドラマティカルジェルライナー


**********************************************************************
今日のおやつ
カフェラッテと、シェリエドルチェシリーズの「フルーツショートケーキ」
近くにあるコンビニのサンクスで買いました
サンクスは美味しいデザートやレジ横ものが充実しているので、大好きなコンビニなのです   

 

20080628-3.jpgエヘヘ、こんなのばっかり食べてたら夏が怖いね。。。
明日からダイエットしまーす

MAQUIA8月号

| コメント(10)

MAQUIA8月号をおととい買ってきました。

20080625-1.jpg

 

今月号の表紙は真木よう子さん。。。

実はこの人知らなかったの。

TVはバレーボールとアニメしか見ていないような生活ゆえ、最近の女優さんはわからんのだ。

でもキレイな人なので断然興味♪

今月号にはインタビュー記事も載ってました♪

 

「マスカラ最強バイブル」という、ジャジャーンとしたタイトルの特集があったので、ここを真っ先に読みました。

でも、ちょっとガッカリだよ。。。

だって、明らかに誰が使っても

「このマスカラってそういう特徴あったっけ???」

みたいなコメントが書いてあって。。。

こういう雑誌のコメントとか結構適当なんだなって思った。

やっぱり自分で使ってちゃんと試さないとダメなんだね、雑誌コメントは参考にする、ぐらいにしないといけないね。

でも、欲しいグッズを発見♪発見♪

知らなかったマスカラガードの紹介がありました。

マスカラガードで、まぶたの形にそってアーチ状になっているのって知らなかったんだけれど

ちゃんと売ってるのね。これから見てこなくちゃ。

今月号のマキアサロンは特集の「上半期ベストコスメ」が勢揃いするらしいので、ちゃんと行かなくては~。

20080625-2.jpg

 

そして付録はコレ→

資生堂HAKUの美白BOOKだって。

HAKUは、3年ぐらい前、まだHAKU2じゃなかった頃に頑張って1年間使いつづけたのに、全然効果が感じられなかったのだ。

別に色が黒くなったわけじゃないけど、顔色がワントーン明るくなったとか、そういういい効果はなかったです。

CM通り、一年間きっちり使ったよ。

HAKU2は、少しはよくなっているのだろうか。

若い人向けの美白ものっていうイメージがあるので、やっぱり老化しつつある肌には効果がなかったのかもしれないけれど。

HAKUに興味持っている人には、このサンプルはいいかも。

テクスチャーや肌なじみ、保湿感はいいと思うし。

 

HAKUで思うところがあるので、ちょっと書いておきます。

ワタシはHAKUで効果が無かったので、そこからクレ・ド・ポーボーテのセラムブランエクストラを使い始めたの。

HAKU2だって安いものじゃない。45g10000円(現在価格)

私が好きなボーテのセラムブランエクストラは15000円。

この差は5000円だけれど、効果は5倍ぐらい違うんじゃないか(ラスカル比)と思うなりよ。

美白効果という点だけなら、HAKUはおすすめしたくないですねー。

 

(すみません、ボーテ馬鹿なもので。。。)

続いてクラランスのマスカラ

ワンダーウォータープルーフというマスカラなんだけれど、店頭でつけてもらって気に入ってしまい。。。

夏向けの色なので、たまにはこういう冒険色もいいかな、と思って♪

20080620-3.jpg

 

まさにパケのような緑色のマスカラです♪

鮮やかな色ですが、どちらかというと肌が黒めの人に似あいそう。

 

20080620-4.jpg睫全部にこのマスカラはちょっと。。。なんだけれど、ベースとしてクロのマスカラをつけたあと、遊びで睫の先端だけ、サイドだけにつけるという感じで使いたい♪

しか~し、ブラシの形状が今1つ。

使いにくい、というわけじゃないけれど、この鮮やかな色は睫のサイド部分に塗りたくなるもの。

だったら、もっとブラシ形状を考えた方がいいと思うのだけれど。。。

 

○ボリューム・・・ ★★★

○カール力 ・・・  ★★★

○持続力・・・    ★★★★★

○使いやすさ・・・  ★★

○セパレート力・・・★★★★

○発色のよさ・・・  ★★★★★

 

美容部員さんが、睫のサイドだけにつけていたのを見て

「ワタシもこういう風につけたい」って思ってしまいました。

マキアサロンの帰り、いつもクラランスに寄って何かかんか買ってしまいます。

クラランス ダブルフィックスマスカラ

もう一週間前になりますが、クラランスで「ダブルフィックスマスカラ」を購入、使ってみました♪

20080620-1.jpg

このダブルフィックスマスカラは、マスカラのトップコート。

マスカラ、すぐにダマになる、とかカールが持続しない、なんていうことを聞くけれど

こういう優れものアイテムを使えばダマ知らずなのだ。

当然ウォータープルーフ仕様になるので、これからの季節にはもってこい。

汗でマスカラがとれてパンダ顔になる心配もなし。

トップコートなので、カール、持続、使いやすさ、セパレートの4点で判断すると↓な感じ。

○カール力 ・・・★★★★

○持続力・・・  ★★★★★

○使いやすさ・・・★★★

○セパレート力・・・★★★

 

 

 

20080620-2.jpgこれまでマスカラトップコートは、ヘレナのマジックプルーフを使用していたが廃盤となってしまったため、今回からこちらを使うことになりそう。

トップコートとして使えるだけじゃなく、睫を保護する成分も入っているので、下地として使ってカール力をアップさせるという使い方もイイと思う♪

白い馬☆赤い風船

昨日は、ルンちゃんと「白い馬」と「赤い風船」という、2本の映画の試写会に行ってきました。

会場は、原宿のCOPON NORPという、安作りのアパート(???)みたいなところで最初憤慨していたのですが映画は良かったです。

キャンドルナイト企画ということで、会場のにはキャンドルがゆらゆらと

20080622-1.jpg


ブロガー限定試写会ということで、感想を書かせていただきます。

白い馬、赤い風船のどちらとも、アルベール・ラモリス監督作品


○白い馬

あらすじ
南仏カマルダの荒地に野生馬の一群が棲息していた。
群れのリーダーは、「白いたてがみ」と呼ばれる美しい馬だ。
地元の牧童たちは、この白い馬を何とかして捕らえようとしていたが、逃げられてばかり。
そんな牧童達とはちがい、少年ファルコはこの白い馬と心を通わせるようになり、強い絆で結ばれていく。
そして、白い馬を狙う牧童達から必死にかばおうとするのだったが。。。

最初は白い馬に魅せられた少年がどうしても、その白い馬を手に入れるという決意のもと、心を通わせるようになるが、最終的には自己中心的な大人の嘘にふりまわされて馬とともに追い詰められてしまう、そして悲劇のラスト。。。

感想
まず、モノクロだが映像の美しさには目を見張るものがある。
この映画が作られたのは1953年。それを考えるとかなりの労力と時間を費やして製作したんだろう、と素人目にもわかる。
白い馬の主人公を演じるのはアラン・エムリーという美少年。
この少年の美しさが白い馬の華麗な動きとあいまって、どのシーンも絵になるようにしてくれているという感じ。

ストーリーは、動物との心の通い合いなどじーんとくる場面も多いがラストが悲しすぎる。
白い馬と少年との安息の場がこの世にはない、ということを伝えている。
悲しいが、現実にはハッピーなことはそうそうない、と思い知ることも大事なのだというメッセージか。

○赤い風船


あらすじ

ある朝、パスカル少年は一個の赤い風船が街灯に引っかかっているのを見つけ、街灯に登って風船を手にする。
その風船にはどうも意志があるようで、パスカルが手を離してもどこにでもついてくるのだった。
ある日、パスカルと風船の仲のよさを妬んだ悪ガキたちが、風船を自分達のものにしようとし、さらに風船を割ろうと暴徒のようになりパスカルと風船を追い詰めるのだった。。。

ラストは予期せぬファンタジーな世界に。

感想
白い馬と同様に、現実の世界での拘束からの脱出をテーマとしてるように思った。
赤い風船、それはパスカル少年の夢、憧れ、そういう現実とは相容れないものを表していて、どこに行ってもそれがことごとく拒否されてしまう、という気の毒なストーリー。

実際に、赤い風船を持っているとバスに乗れなかったり、学校へ入れてもらえなかったりと、制約を受けている。
しかも、子供の味方は子供、であるはずなのに、その子供達もパスカルの赤い風船をとりあげて攻撃する。
もはやパスカル少年の夢はぺちゃんこだ。
色とりどりの風船が空を自由に飛び、パスカル少年も空を飛ぶ、その風景がラストに見られるが、結局は現実には救われない心が逃避してファンタジーの世界へ飛び込んだという印象を持った。


これら2つの作品にはセリフがほとんどない。
映像でのみ、全てを伝えようとする。
赤い風船の動き、パスカル少年の動作、1つ1つが意味を持つ。

今の日本では色々な意味でリンクするところがある。
今この映画を見なくては、という気にさせられる。

エーデルピルス試飲会

今日は、ルンちゃんと一緒に、エーデルピルス試飲会へ行ってきました

エーデルピルスって何って思いませんでしたか?
 →7月16日にサッポロビールから限定発売される新製品ビールなのです

イベント場所はエビスガーデンプレイス内にある、恵比寿麦酒記念館

エビスガーデンプレイスには何度か行ったことがあるんだけれど、こんな場所があるなんて知らなかったなあ。。。

20080621-2.jpg

中に入ると、サッポロビール、エビスビールゆかりの品々、グッズ、おつまみなどが販売されている売店があり、さらに奥へ進んでいくとビアホールのような場所が。
その一番奥の部屋で今回のイベントが行われました


サッポロビールの方からご挨拶、続いて今回試飲させていただく「エーデルピルス」の開発とその秘話などもうかがいました


まず、サッポロビールに使われているホップは、「協働契約栽培原料100%」だということ。当然エーデルピルスに使用されているホップも

20080621-3.jpg


「協働」とはサッポロビールと生産者がコミュニケーションをとりながら協力して品質のいい原料を作っていくことです。(※サッポロビールさん資料、スライド内容より抜粋)

そしてこの協働契約栽培は、日本で初めてのドイツ連邦栄誉賞金賞受賞という栄えある賞を獲得しているのです

この「エーデルピルス(Edelpils)の名前の由来ですが、ドイツ語で「高貴なピルスナービール」ということだそうです

20080621-4.jpg

そういったバックグラウンドで開発された「エーデルピルス」の特長は、というと
1.厳選されたピルスナー麦芽100%
2.世界最高級のチェコ産ファインアロマホップ100%
3.通常ビールの3倍のホップを使用


の3つです。

ファインアロマホップっていうのは、苦味、香りが特に穏やかで上品というもので、このファインアロマホップが作られるのは世界で限定された地域だとか。
それを100%使っているというのがスゴイです


エーデルピルスの中の原料に関する一番の特長としては、ホップが通常ビールの3倍というところです。
このホップが3倍使用されていることにより
「きめ細かい泡がでる」「ホップの香りがする」「咽喉越しすっきり」「品のいい余韻」「キレのある苦味」などの、味わいの特徴がでてくるということになります。

20080621-1.jpg

このエーデルピルスを美味しく飲むには、3度注ぎをするといいそうです

その理由としてはきめ細かい泡を作り、エレガントでまろやかな味わいにするためです。

注ぎ方
1.最初のビールを勢い欲注ぎます
2.さらにビールをゆっくり注ぐと、泡は盛り上がった形になります
3.泡がグラスの縁より下がったところに、ゆっくりと泡を盛り上げるように3回目のビールを注ぎます


テーブルの上に缶のエーデルピルスが配られ、予め用意されていたコップに各自が注いでみることになりました。
最初はいつもの注ぎ方で、2回目は教えられた注ぎ方でいれて、違いを感じるという主旨でしたが。。。
ダメだわ。自分だとどっちも泡がなくて。。。

自分ではうまく出来ませんでしたが、この後でサッポロビールの方が樽から注いで下さるというので期待して待つことに

さて、エーデルピルスの原材料の主役であるホップですが、普段は藤棚のようなところにぶらさがっているとのこと。
見たことがないですが、興味津々。
そこで、サッポロビールの方にホップと、ホップを圧縮したものの2つを見せていただきました。

20080621-6.jpg

写真の右が原型をとどめたホップです。案外おおぶりなのです。
左側は圧縮されたもの。

こういう原材料を実際に見ると親近感がわくし、何だか安心できそうですよね

さて、グラスに生樽からサッポロビールのプロの方から注いでいただくビールを飲める時間となりました

すごいです。
マシンを巧みに操り、てきぱきとグラスにビールを注いでいます。

20080621-7.jpg


運んできてもらったビールは美味し~い

自分でさっき注いで飲んだビールとは別物?っていうぐらい味が違っていました

このエーデルピルスを飲むときには、注ぎ方が大事だってことがよくわかりました。

自分でもグラスに注がせてくれるというので、相棒ルンちゃんもトライ

手順を教えてもらいながら注いでいました(ワタシは写真係)

すると。。。こんな感じでキメ細かい泡が出てきて。。。美味しそう
20080621-10.jpg


家ではマシンがないけれど、キメの細かい泡をつくる注ぎ方を伝授してもらえたので、ホント嬉しいです。

このエーデルピルスは7月16日に限定発売される予定です
これまでと一味、いや二味も違うビールだと思ったので、もしよかったら試してみてはいかがでしょうか。

興味を持たれた方は是非コチラへ → エーデルピルスページ

また、ブロガー限定で7月5日(土)にスペシャルイベントを開催します。
ビールが好きなブロガーさん、新ビールが飲めるチャンスです
応募なさってはいかがでしょうか → ブロガー限定スペシャルイベント応募

私はビールが大好きなので、今日のイベントはすごく楽しんで参加させていただきました。
サッポロビールさん、ブログスカウトさん、どうもありがとうございました

ランコム日和♪ファミリーセール

皆さんのブログで「ランコムの新製品」のサンプル引換でいただくメーク落とし&洗顔料の2点をワタシも貰ってみようと思い、おとといランコムカウンターへ立ち寄ってみました

すると「残念ながらサンプルの方は好評のため、もうきらしてしまっています」とのこと

あ~、残念だ~と思っていたのですが、肌状態の悩みなどちょっとお話して別の肌にあったサンプルをいただいてきました。

20080620-2.jpg



いただいたのは
○「バームエクラ」(クレンジングクリーム)
○「クリーム コンフォート フォーム」(洗顔料)
○「アプソリュ βx ローション」(化粧水)
○「アプソリュ βx ナイトトリートメント」(ナイトクリーム)

の4点でした。

ワタシはアンチエイジング&乾燥と敏感肌が気になっていると伝えたら、アプソリュβxシリーズをすすめてくれました。

ランコム、親切だわ。結局最初にもらう予定のサンプル2点よりもランクアップしたサンプルをもらえたのでよかった。香料もきつくないって言っていたので良かったら買うかも。

↑の写真だと豪華に見えるけど、手のひらサイズだよ。。。3日分?

20080620-3.jpg



さらに、↓のランコムのサンプルセットを同じ日にもらいました

マキアサロンのお土産、大抵どこかのサンプルをくれるのですが、今回はランコムでした
おお~カウンターによったばかりだったんだけど。。。これは偶然だわ

20080620-1.jpg

「ユイルエクラ」(クランジングオイル)
「ジェル エクラ フォーム」(洗顔料)
ブラン 「エクスペール ニューロホワイトX3 ローションⅡ」
(薬用ホワイトニング化粧水)
「エクスペール ニューロホワイトX3 エマルジョンⅡ」
(薬用ホワイトニング乳液)
「エクスペール ニューロホワイトX3 セラム」
(薬用ホワイトニング美容液)
UVエクスペール ニューロシールド 50 ニュアンスカラーベージュ
(日焼け止め用乳液)

の6点。

一応ラインで使えるようにサンプルもセットで渡してもらえてるのがスゴイかも。

というわけで、おとといはランコム日和(サンプルだけど)だったのでした。


~華麗なるお知らせ~ 

東京でのロレアルのファミリーセール、今月の27、28、29日にあるようです

招待券(1枚1名様のみ入場)が無いと入れませんが、美容系ブログの人は持ってる人が多そうなので希望の人はお互い声をかけてみてはどうでしょう?
ランコムだけじゃなくて、ケラスターゼ、ヘレナルビンスタイン等、ロレアルグループの製品がそろうので、普段購入している人には買いだめのチャンスですよね

このランコムのファミリーセールは9割引も出るそうです。

ちょっと見たんですが、ヤフオクで、招待券5000円ぐらいででています

THE WESTIN TOKYO

| コメント(10)

Liptonに最近可愛いおまけがついているので、ちょっと集めてみました♪

「THE WESTIN TOKYO」コレクションだそうです。

20080620-5.jpg

 

クロワッサンにモンブラン、ティーポットに三角のチョコレート、そしてパフェです。

すごーく可愛い♪

全部で8種類あるので、頑張ってあと3種類集めるのだ。

マキアサロンへ♪

今月号分の展示がもうおわってしまうので、昨日マキアサロンへ行ってきました

今月号のMAQUIAの特集の「男目線の夏メイク頂上決戦」と「マスカラの新スターonレッドカーペット」に掲載されているコスメをお試し

今月、スキンケアものもありましたが、個人的に試したいものが無かったので、メイクのみ

試した製品は全部で12種類。
その中で「コレイイ」って思ったのは、
ゲランのマスカラ(ル・デュウ No.10)
同じくゲランのアイライナー、テラコッタコール

20080619-1.jpg

※すみません、画像は本家からおかりしました

このゲランのマスカラ、これまでに使ったマスカラの中で多分一番よかったんじゃないかと。。。

ボリューム、長さ、先端のセパレート力、カールなど、どれをとってもイイ。
今までヘレナのラッシュクイーンが一番お気に入りだったのですが、これは順位変動かな

ブラシが2本ついていて、大きい方は通常のように使うようです。
小さいブラシは、下睫と上睫のサイド部分とあと先端を強化する場合に使うといいようです。


うっすらとした睫にまで、しっかりマスカラがついてくれるので、ものすごくフサフサとした、密度の高い(表現変??)睫に見せてくれます。

つけた雰囲気が、ボリュームも長さもでているのに「ワタシ、マスカラつけて今日気合入れているのよ」みたいな感じに見えない、品の良さがあるのが嬉しいです

マキアサロンでつけてから寝る前まで、まったく滲まず、そのあたりも◎でした

あと、見た目も豪華で好き
ワタシは成金趣味ゆえ、こういうゴールド系のパケに弱いのだ

これは近いうちに買い、決定なのです

テラコッタコールアイライナーの方は、パウダータイプのアイライナーで棒状のものでラインを引くのですが、これがなかなかつかいやすいです

20080619-2.jpg


パウダーだから、目の上のうすい肌に優しい感じがして、こういうの好きです

容器も昔のエジプトのアイシャドウ容器にそっくりで、雰囲気がでています

何よりアイラインをひいたときのボカシの手間があまり要らなくなるように思うので、1つあると便利そうです。


あと、クリニークのリップやディオールのアイシャドウも試して、それなりに良かったとは思うものの、手持ちのがいいわ、という感じ

お土産をもらい、マキアサロンを後にし、そして、すぐ隣のクラランスでまた買物をしてしまいました

クラランスでお買物したコスメについてはまた後日。。。

カワセミくんとチーズケーキ♪

昨日はいいお天気になったので、ルンちゃんと写真を撮りにお出かけ

カワセミくんの姿が見られるという、某所に行ってきました

カワセミがどこで見られるのかは秘密にしたい、と教えてくれた人が言うので、どこに出かけたのかは書けませんすみません

粘ってカワセミくんの姿をキャッチ
20080614-1.jpg


いやあ、きれいな鳥ですね~。
これまで何度かカワセミの姿を見たことはあったのですが、写真で撮れたのは初めて

ルンちゃんはいいレンズを持っていたので、遠くのカワセミの姿も大きく獲れていました。
あ~ワタシも新しいレンズ欲しい。。。
ヨシ、貯金するぞ

カワセミくんの姿を堪能した後、ちょっとお買物することに
行った先は、お気に入りのショッピングモール、ダイヤモンドシティミューなのだ

ここは駐車場料金が無料だし、三越も入っているので買物しやすいのです。

真っ先に向かったのは三越内の「丸福珈琲店」。
チーズケーキとブレンドをいただき、ウマウマ

20080614-2.jpg

チーズケーキ、黄金に輝いていて美味しかったです

クリームチーズと生クリームとヨーグルト味の、ごくプレーンなチーズケーキ

レモン味はほとんどせず、品のいい甘さ。

いくらでも食べられちゃうぐらい口あたりがよかったです。

20080614-3.jpg

ブレンド珈琲、もちろんこれが目当てでこの珈琲店へ

東京では、本格派珈琲が飲める店がホント少なくなりました。。。


最近気に入ってる珈琲店は、この丸福珈琲店と、新宿の但馬屋珈琲店(ビルの方)、それに吉祥寺の保久良珈琲店です~

それにしても、カワセミを見て美味しいチーズケーキ&珈琲、大満足なのでした

ブルーベリー効果

目が疲れたということで、ルンちゃんと「信濃ぶどう&ブルーベリー」と書いてあるジュースを購入。

三越で見つけたのだ。美味しそう~。

 

20080614-1.jpg瓶入り、250ミリリットル、¥263

飲んで少ししたら、すごーく目が見えやすくなってきました。

このジュース、ストレートタイプとあったので、100%果汁なのかな。

ぶどうの味も美味しい。どちらかというとワインっぽいなあと思って調べたら、このジュースを作っているアルプスという会社は、もともとワインをメインに作ってるらしい。。。

何か納得したのでした。

それにしてもアルプスの麓にあるブルーベリー畑でとれた果実を使っているのだろうか。

すごく効果があってビックリしました。

アントシアニンがブルーベリーには豊富に含まれているんだっけ。

すると目の疲れがとれるだけじゃなくて、老化防止にも良さそう。

アンチエイジングを心がけるなら、こういうジュースを飲むようにしなくては、とちょっと決意。

 

 

オレンジとレアチーズのドルチェ♪

今日はバイトに行ってきました~。
疲れたので帰りに甘いものでも、と思っていつものようにコンビニへ

今日見つけて食べたのはコレ↓

20080613-1.jpg


オレンジとレアチーズのドルチェ (サンクス シェリエドルチェシリーズ)260円

サンクスでは、サンクスのEdyカードで買うとこのシェリエドルチェシリーズは、金曜日と土曜日は20円引きになるのだ

なので、金曜日を待って買ってみました

う~ん、これは色々な味がてんこもり。
まずは上に乗ってるオレンジ色のものは、オレンジの果肉入りのゼリーでした
なかなか凝ってます。
上にかかっている白いのは生クリーム、その下の層はレアチーズ味ムース、さらにその下には果肉入りオレンジゼリーが


しかも、写真にあるように上にはチョコレートソースがかかっています。
甘いもの大集合という感じですが、疲れたときにぴったりの大満足デザートなのでした

今年の夏のパウダーファンデーション

今年の夏のパウダーファンデーション、やっぱりクレ・ド・ポーボーテの「タンアチュレールプードルs」を使うことになりそうです~。

と言っても、もう6月中旬だから夏モードなんですけどね。決めるの遅いかも。

20080613-1.jpg

レフィル 9,450円

ケース 2,525円、専用スポンジ 525円

 

金額的にちょっと苦しい。。。ので今年は他メーカーにしようかと思ったのだけれど、やはり品質で選んでしまった。

そう、色々なブランドのパウダーファンデを使ったのだけれど、比べようもないぐらい、クレ・ド・ポーボーテは粒子が細かくて崩れない。

モニターで色々なメーカーさんのを貰った。。。どことは書かないが、金額も金額だけに比較しちゃダメなんだろう。。。としみじみ思いました。

タンナチュレールプードルs使用感

リニュしてからは初めてのレビュー。

まず、パウダーをパフにすっととった段階では、案外とさらさら感があることがわかります。

でも肌の載せると密着感がすごい。これをさっと塗るだけでワントーン顔色が明るくなるから不思議。

シミも比較的かくれるパウダーファンデです。

時間がたっても崩れてこない。

ただ、重ね塗りすると、おかしくはないが異常なマット感が出て来るので「しっかりと」お化粧したい人向けですかね。

専用スポンジを使うことも大事。専用スポンジでさっと塗ってから、最後に押さえてもちをよくすることが重要かな。

このパウダーファンデ単独で使ってもなかなかいいのだが、個人的には化粧下地にもヴォワールユニフィアン(クレ・ド・ポーボーテ)をおススメしたい。

1つ持っていると安心できるファンデです。

三越からのプレゼント

昨日、三越へ行ってお中元を出してきました。

2世帯分です~。

ウチのとルンママ宅の分。

そうしたらいいことが。

抽選も2回できるということで。。。ラッキー♪

 

結局末等の4等でしたが、ジュース2本(×2)もらいました。

ちょっと重いけどうれしい。。。。

 

20080610-1.jpg

さらに、ギフトコーナーで「あと3000円購入でお菓子1袋プレゼント」企画を教えてもらったので、早速何か買おうと物色に♪

 

結局、そろそろなくなりかけているアイメークリムーバー、それにルンママの好物のハロッズの紅茶をお買い上げしました~。

それぞれ3000円超だったから、お菓子も2つもらったよ。三越って気前いいね~。

 

20080610-2.jpg

最強のマスカラ落とし♪

銀座三越にお中元を出しに行ったんだけれど、3000円買物したらお菓子をおまけしてくれるっていうから、丁度なくなりかけていたマスカラ落としを買ってきました

私のお気に入りのマスカラ落としは、クレ・ド・ポーボーテの「デマキアントプールレジュEX」なのだ
正確には「マスカラ落とし」じゃなくて、「目元用メーク落とし」らしい

20080609-2.jpg


私はマスカラ命、なので毎日使用しています
で、いつもマスカラの上からウォータープルーフ仕様にしてくれる、マスカラのトップコートのようなものをつけているので、ますます落ちにくい

無理に落とそうとすると、睫が抜けちゃう、痛んじゃう~
なんだけれど、このクレ・ド・ポーボーテのデマキアントプールレジュEXを使うようになってからは、抜ける睫なんてほとんど無いのだ

だから、これまでに何本リピしているかわからないぐらい使ってます

ついでに目元は大事にケアしたいので、コットンも買いました。

20080609-1.jpg


ワタシ愛用のクレ・ド・ポーボーテのコットン。。。「ル・コトンs」120枚入り800円
ちょい高いようにも思うけれど、敏感肌の私にはもうこのコットンじゃないとダメなのです。

すごく柔らかいので目元だけでも、このコットンを使うと睫ケアにもなるんじゃないかなあマスカラを使いつづける限り、このデマキアントプールレジュEXとル・コトンは使いつづけるんだろうなあと自分で思いマス


買ったものはこれだけなんですが、例によってサンプルを貰ってきちゃいました

20080609-3.jpg
ラ・クレームのサンプルです。
なぜか豪華な金の箱入り

3グラムしか入っていないから3日で使っちゃうけど。。。

クレ・ド・ポーボーテは、こういうおまけもちょっと豪華なのでうれしいのでした

20080609-4.jpg

セラムブランエクストラS(美容液)のサンプルもついてきました
スポーツクラブに持っていくのにこういうのはありがたいです

祝☆男子バレーオリンピック出場♪

男子バレー、今年のチームはいつもと違う、と思って応援して見ていましたが、ついにやってくれました~

オリンピック出場を決めた試合の対戦相手国はアルゼンチン

 アルゼンチンは、世界ランク第六位、日本は12位なので、勝ってくれてすごくうれしい~。   

        日       ア

第1セット     26      28

第2セット     25      13

第3セット     25      19

第4セット     17      25

第5セット     20      18

フルセットの末、日本の勝利なのだ

 男子バレーのチームは、植田監督になってから素晴らしくなりましたねー。

特に、前回からの試合では全員バレーが徹底しているし、アタッカー全てにチャンスがあるからやる気も増すってもんです。

 セッターが宇佐美のときは、越川にボールがまわっていたように思いますが、朝長のセッターだと、まんべんなくボールがまわるので攻撃のバリエも増えて相手方を錯乱するのによかったんじゃないでしょうか。

 

朝長が宇佐美よりも技術的に優れているとは感じられませんでしたが(宇佐美の方がブロックやサーブは上では。。。)、朝長の持つ雰囲気の良さを監督が見込んで、オーストラリア、アルゼンチン戦では起用になったのではないか。

 

同様に、雰囲気の良さとオールマーティーな動きで荻野キャプテンの出番があったのは助かった。 試合で最後の1本を決めてくれたのは荻野

 

その前にも「やっぱり荻野だね」と思う場面も何度かありました。

相手ブロックに水平にあてて出していくというやり方は、長年の経験を活かしてでないと、なかなか難しいんじゃないかなあ。

今回の試合で、「これ、新しい」と思ったことが2つ。

第1セット目で、日本が負けている場面で、セッターの朝長がセンターを使ったこと。

 これって何気に見たことなかったんですが。。。

今まで困ったときの「山本頼み」だったように思っていたので、苦しい場面でセンターを使ったというのはとても新しい感じでした。

それに、荻野選手の二段トス。あれ、荻野ってアタッカーじゃないの、なんて思って見ていたのですが、山本に打ちやすいボールをあげていました。

アルゼンチン戦だけでなく、オーストラリア戦でも何度かこの組み合わせがありましたね。

たしかにオールマイティー。

イタリアではフェイの二段トスからの攻撃が何度か決まっていて「フェイってすごい」と思ったのですが、いやあ、荻野もやるなあ。

 

もちろん、エース山本と石島もいつも通りの活躍でした。

山本はスーパーエースと言われるだけあってか(?)いつも高さが不十分なボールや、打ちにくいボールがまわってくるんですよね。

その割には決定率も高く、すごい、という印象です。

ゴッツ(石島)も、苦しいときにブロックを決めてくれたり、クロスを打ちぬいたりと、日本には絶対必要な選手になっていますね~。

 

今回の試合を見て思ったのは、日本はミスが少なくなっているので、すごい緊張感が感じられるということです。

サーブは、ほとんどが攻めて行くサーブなのに、ミスが少ない。

これは精神力と練習の積み重ねによる自信が無ければ、こうはいかないでしょう。

 

 このままオリンピックにいってメダルを獲って欲しいです

とろ~りティラミスとカフェラッテ♪

昨日のことですが、おやつをコンビニのサンクスで調達

「とろ~りティラミス」と「カフェラッテ」を買いました

20080605-2.jpg

「とろ~りティラミス」は初めて食べたのですが、すごく美味しい
コンビニデザートの中では多分最高峰なのです

このティラミスは味がいくつも楽しめてまったく飽きがこなかったです。

たてに食べても、横に1層ずつ食べていっても、どちらでも美味しい

一番上はココアパウダーのかかった生クリーム、その下の層はマスカルポーネチーズ味のティラミス、続いてチョコスポンジ、マスカルポーネチーズソース、コーヒー味スポンジの順番で重なっていました

カフェラッテは、ここのところ毎日飲んでいます。
これはもう10年前からの習慣なの。
カフェラッテの「薫るエスプレッソ」が一番好きで春~夏場には毎日飲んでいます。。。
(そういや、以前は普通の「エスプレッソ」を飲んでいたけれど、味が落ちてきた頃に「薫るエスプレッソ」が出たんだった。。。単なる値上げ?)

カフェラッテ、これだけ毎日飲んでいるんだから、マウントレーニアから感謝状が届いてもいいぐらいだわ
なのに、キャンペーンには一度も当選したことがありません
何とついてない~

まあ、そういう話は置いておくとして、このおやつの組み合わせ、超高カロリーです

見てみると「ティラミス」は288キロカロリー、カフェラッテは132キロカロリー

え"っ、おやつに400キロカロリー超えてしまったよ

で、それではいけない、と思って、この後スポーツクラブに行って7キロ走ってきたのでした。
バラすと、スポーツクラブでのカロリー消費量はマシンで数値で出て来るので一目瞭然。
何キロカロリー分消費できたかがわかるようになっています。

この日は、最低おやつ分は消費しようと頑張って40分走ってようやく400キロカロリーを消費したのでした。
ああ~一口食べると後が大変だ~


今日は7キロも走りたくないので、おやつをどうしようか考慮中

PAUL & JOE パウダーファンデ

ちょっと前ですが、
PAUL & JOEの「プロテクティブ デュアル パウダー」と
下地(プロテクティブ ファンデーションプライマーUV)
をサンプルで試したので、
忘れないうちに感想を書いておきます

(と言っても、もう3月に発売されているファンデなのよね。。。)

20080602-1.jpg

コチラは春製品のカタログ

可愛いので、見ているだけで癒されるのだ。

そしてあれも、これも欲しくなってしまう。
恐るべし、PAUL & JOE

さて、下地(プロテクティブ ファンデーションプライマーUV)と、ファンデの「プロテクティブ デュアル パウダー」の感想なんそ。。。

プロテクティブ ファンデーションプライマーUVの方ですが、まずはSPF40、PA++という、紫外線効果バツグンなので、これからの季節によさそう。

肌につけた感じですが、はっきり言って重い。
化粧下地が重いっていうのも変だけれど、マットな感じで伸びがよくないです。
私は、下地をしっかりつけるのが好きなので、こういうマット感は歓迎ですが、伸びがよくないのって一般受けするのかなと少々疑問
ただ肌への密着感があるので、この上にファンデを塗ったらくずれにくそうっていう予感はありますね

色は白がかったベージュといったところ。
私は色が黒いので、この化粧下地を塗っただけで色がついてしまい、ちょっと違和感がありました。
が、色が白い~普通の人は気にならないんだと思いマス

20080602-2.jpg

さて、化粧下地をつけたら今度はファンデーション

この「プロテクティブ デュアル パウダー」ですが、3パターンで使ってみました

1.PAUL & JOE の化粧下地の上から使用。
2.PAUL & JOE の化粧下地の上に手持ちリキッドファンデを使い、その上から使用。
3.手持ち化粧下地の上から使用。


1のPAUL & JOE の化粧下地の上から使用した場合ですが、かなりくずれにくいと思います。暑い日にはだんだんとヨレてきそうですが、通常のこの季節なら朝つけて夕方まで持続します。

ただ、毛穴のカバー、ニキビ跡のカバー力は完全ではないので、別のアイテムを使わないといけないですね。
しかし、このファンデはうすくつけるだけで、少しのシミはカバーできて自然な仕上がりなのが嬉しいです

2のPAUL & JOE の化粧下地の上に手持ちリキッドファンデを使い、その上から使用した場合ですが、これはいけません

まずリキッドファンデを、ものすごく少量にしないと、どんどんと化粧くずれが起きてきます(たいへんだ~
そして、「プロテクティブ デュアル パウダー」もうすく一度つける程度にしないと、ヨレがひどくなってきます。

しか~し、下地、リキッドファンデ、パウダーファンデを全てうすくつけた場合、ものすごくきれいな肌に仕上がりました

特にパウダーファンデだけでは隠せなかった、ニキビ跡、毛穴の分をリキッドとの重ね使いですっきりカバーできるので、きちんとした場におススメのパターン

3の手持ち化粧下地の上から使用という場合も試しましたが、今1つでした。
敗因は、手持ち化粧下地は伸びがいいんですが、密着感という点が欠けているからではないかと。
密着感のある化粧下地を用いて、はじめてこの「プロテクティブ デュアル パウダー」の良さが発揮されるような感じです。

あれこれ試しましたが、このファンデ気に入ったので現品購入決定です

秘密結社 鷹の爪

今日はルンちゃんと、TOHOシネマズに「秘密結社 鷹の爪 ~私を愛した黒烏龍茶~」という映画を観に行ってきました

ワタシが観た回は満席でした。。。すごい人気なんだわ~

20080601-1.jpg

実はワタシは「鷹の爪団」の大ファン
以前にもブログで鷹の爪団のことを書いたことがあるんだけれど。。。かなり前ですが、その時のブログはココ

そのときに「もっと人気がでてくれるといいな~」と思って密かに応援していたキャラクターなので、こうやって映画で大々的に上映してくれるとうれしいのです。


「鷹の爪団」を知らない人も多いとは思うのですが、これ、半年後にはもっと全国的大人気になります、きっと

さて、映画なんですが「古墳ギャルのコフィー」との2本立て。
古墳ギャルコフィーは、前方後円墳の古墳が主役の、かなり変わった社会風刺映画(???)でしたが、こちらも楽しめました。

「秘密結社 鷹の爪 ~私を愛した黒烏龍茶~」の方ですが、もう「こんなアホでくだらない映画みたことない」っていうぐらいの脱力ギャグの連発

世界征服を企てる、かなり間抜けな「鷹の爪団」の総統と、団員の吉田君、博士たちの、楽しくも馬鹿馬鹿しい、感動もあるけれど最後はギャグの、本当に素晴らしいくだらない映画でした。
あっ、これ褒めてるんですよ。
もちろん、脱力的ギャグが好きな人は、この鷹の爪団が好きになること間違いなしです。

映画の中に何の脈絡もなく、色々なスポンサーとおぼしき会社の製品が出てきました。
関係なくあらわれるところが笑いを誘います。
ヤフー、スバル、サントリー、ジャストシステム、島根県(スポンサーなのか?)、ソニー、Gyaoなどなど。

で、映画が面白かったので映画館でグッズ買ってきちゃいました。

20080601-2.jpg


博士のぬいぐるみキーチェーンと、ノートとシャープペンの3つを買ってきました。
博士のぬいぐるみは、家で一緒にくつろいでいます。↓
20080601-3.jpg

プロフィール

アーカイブ